デジカメ画像を、印刷に適したCMYK形式に簡単変換

デジカメで撮影したJPEG画像ファイルは、RGBカラーモードで保存されます。オフセット印刷では、RGB画像をそのままの色で印刷することはできず、CMYKカラーへ適切に変換する必要があります。変換には専門的な知識が必要になりますが、このサービスではウェブブラウザからRGB画像ファイルを送信するだけでCMYK画像に変換。 DTPソフトは持っているけど、専門的な画像調整は自信がないという方はぜひご利用ください。

RGBとCMYKの違いは?

RGB はRed/Green/Blueの3光源で構成され、ディスプレイなどを発光させて表示する方式です。一方CMYKはCyan/Magenta/Yellow/K(Black)で構成され、カラープリンタや印刷などの方式です。 RGBとCMYKは表現できる色域(色の領域=色数)が異なり、色域が広いのはRGB。CMYKはRGBの表現できる一部の色を再現できません。したがって、デジカメ撮影した写真画像は、ディスプレイでは輝くような色を表示できますが、印刷(プリント)するためにCMYKに変換すると色が置き換わり、結果としてはくすんだような色になります。そこで、この変化をできるだけ抑えるために、適切なRGB→CMYK変換が必要となるのです。

画像のプロが監修したカラー調整機能も充実

RGB形式からCMYK形式への一般的なカラー変換をはじめとする3つの変換方法から選べるほか、写真画像の特徴に応じたカラー調整機能(自動色調補正)も付いています。当社の画像部門・専門スタッフが監修したプロ・クオリティーのシステム。専門知識が必要なカラー調整を、本サービスでは初心者でも簡単に操作できるインターフェイスでご提供します。

3つの変換から選べる!

CMYKカラー変換 + カラー調整
デジカメ画像(RGB形式)を、当社標準印刷に基づいたプロファイルで印刷用CMYK形式に変換。さらに画像をきれいにする「カラー調整」メニューも利用できます。
CMYKカラー変換
デジカメ画像(RGB形式)を、当社標準印刷に基づいたプロファイルで印刷用CMYK形式に変換。
グレースケール変換
モノクロ印刷用。デジカメ画像(RGB形式)を、当社標準印刷に基づいたプロファイルで印刷グレースケールに変換。

サービスの流れ

  1. 会員登録
  2. ログイン
  3. 変換方法の選択
  4. RGB画像の送信
  5. 変換・カラー調整の操作
  6. 結果確認
  7. CMYK画像をダウンロード!